業務の流れPROCESS

システムやソフトウェアの設計・開発を確かな技術でトータルにサポート。

システム設計・ソフトウェア開発・導入・保守まで一貫して請け負います。ご要望があれば、現地調整や組合試験を現地調整員として同行いたします。
専門知識を持ったプロフェッショナルが迅速に対応いたします。ご要望があれば、直接エンドユーザ様と打合せを行い、仕様検討を実施いたします。

業務の流れ
業務の流れ
業務の流れ

業務の流れProcess

要求分析

01要求分析

お客様のご要望・イメージをヒアリング、具体的な形にしていきます。お客様に代わり、エンドユーザ様と直接打合せを行うことも可能です。お客様と一緒に要求仕様書の作成も承っております。

要件定義

02要件定義

要求分析した内容を、個別の機能に細分化します。ソフトウェア開発するにあたって、実装すべき機能や満たすべき性能などを明確にします。

外部設計

03外部設計

要件定義で洗い出した各機能をもとに、ソフトウェアのおおまかな形を設計します。お客様が必要とする要件に基づいて、システムの振る舞いを決めていきます。例えば、画面や操作方法、データ構造(帳票の書式)などを決めていきます。

外部設計
詳細設計

04詳細設計

各機能の詳細な動作や処理を設計します。外部設計で定義された仕様をプログラム単位に分割し、各プログラムの動作を定義していきます。

詳細設計
コーディング

05コーディング

外部設計、詳細設計の内容にしたがってソフトウェアの製作を行います。

単体試験

06単体試験

各機能のプログラミング単位での動作の確認を行います。

単体試験
組合試験[現地調整]

07組合試験[現地調整]

製作したソフトウェアを実際の装置に組み込み、各機能の動作の確認を行います。また、装置が納められている現地に赴き、動作の確認を行うことも可能です。

納品

08納品

全ての工程を完了後、成果物を納品します。

納品

09保守

納めたソフトウェアに何か不具合などの問題が起きた場合、迅速に対応します。

ソフトウェアSoftware

快適で洗練されたソフトウェアの進化を
スピーディーに実現

今あるソフトを改良したい、改修したいというご要望があれば承ります。お客様から仕様を頂いて製作を行うことで、コストや時間面でメリットがあります。
お客様に使用して頂き、新たなご要望をもとに改修・改良を繰り返すことで更に洗練されていきます。

ソフトウェア
ソフトウェア